いぬ+

*****
dog plus+ a-a' photbook a-a' azusa いぬ+ ajiko

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

今さらの、たにがわ外伝 -戯言編- 


こんな旅館に泊まりたい~。犬無理。
(ここは、帰りに立ち寄った四万温泉です。山間の温泉という感じで良かったです。) 

めずらしく旅館に泊まる。街中に泊まる。
いつもは、静かなペンションに泊まることが多い。
みなかみは、以前にも来たことがある。谷川岳目的だった。
温泉街に泊まって、はたと、それ以外にも来たことがあったのを思い出す。
社員旅行だ。 旅行記一日目の記事を見た友人もそう言ったのには、笑った。  
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

△page top

谷川岳へ!(…行きそびれました!)(完) 


まだ、ねむねむよ。


朝、五時に、畳?の上で、目が覚める。
犬は、「これ、寝心地いいねー!」と、わたしの枕に頭をのせ、行儀よく寝ています。
・・・う~ん、風呂に行くことに・・・。 とりあえず、極楽。 
何が、『菜の花風呂』なんだと、着いた日から思っていましたが、
お風呂のステンドガラスが、菜の花の絵柄。
ふっ。菜の花が、浮いているわけないじゃん。。。ねぇ。。。ばか・・・。
-- 続きを読む --

△page top

谷川岳へ!(其の弐) 


土合駅地下


-JR上越線の土合駅は群馬の最北端に位置する。
 下り線ホームは地中深くに掘られたトンネルの中にあって、
 陽光を目にするには四百八十六階段を上がらなければならない。
 ・・・谷川岳の山行はもうここから始まっていると言っていい。-

横山秀夫原作 『クライマーズハイ』の心惹かれる冒頭。
映画では、わたしのお好きな堤真一さんが主演、駅に降り立つシーンに惚れます。 
犬たちを地上駅舎に待たせて、ちょっと見てくるつもりが、
・・・しっ、死ぬほど疲れました。

-- 続きを読む --

△page top

谷川岳へ!(其の壱) 


川に抱かれて・・・
 
谷川-谷川岳-みなかみ。
かつて、この地で、先代犬と、ラフティング、ダッキー、ハイキングといそしんだ。
先代犬は、男気のある奴で、どんなことをしてでも、わたしについて来た。

今、隣には、笑顔が取り柄の、ご機嫌へたれ犬・・・ダメじゃん。
ご家庭内で、男気があるのはわたしだけ・・・ぜんっぜっん、ダメじゃん。
-- 続きを読む --

△page top

雪、雪犬旅行-外伝(後編) 


ぱずーの首輪
 

旅行の時は、万が一、はぐれてしまったら・・が不安なので、ネームプレートをつけています。
まあ、そんな事は考えたくはないのですが、万が一の時、ぱずーだけでも助かってほしい・・とか?
ハイキングをする時は、クマよけ用の鈴もつけています(雪の中は必要ないですが・・)。
クマよりも、前を歩いているハイカー(今回はいませんでしたが・・)が、
鈴の音が妙な鳴り方(人間と違うリズム)をするので、振り返って犬がいることを知ってくれます。
犬の苦手な方もいますし、皆さん景色を見ながら歩いているので、 犬がうっかり踏んずけられるのも避けられます。
-- 続きを読む --

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。