いぬ+

*****
dog plus+ a-a' photbook a-a' azusa いぬ+ ajiko

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

狼の末裔なぼく。。。 


紺碧の空!

 
紺碧の空!
狼の末裔なぼく!
山頂を目指す・・・!

ロックガーデンで
(この辺は誰もが余裕ね♪) 

…と、犬は語っていたが、山頂どころか、目指した山小屋を断念した。
大岳山の山小屋までは、比較的歩きやすい道で、
山小屋から山頂にかけてが、犬には難しい道だと記憶違いをしていたわたし。
さくさくと、歩いて行く先に、とつぜん鎖場が現れる。

鎖場でちゃったよ~。(う~ん、鎖?嫌~な予感~。) 

マジ?こんな早くに鎖場が出て来た…?
いや、鎖場というほど難所でもないじゃーんと歩き続けたが、
それが警告だった。
ちょっと、まずいなぁという道になってくる。
危ういと思った箇所を犬がなんなくクリアーし、次の鎖で、ここまでと断念する。

なのに、ご機嫌な犬は、目の上で、ご機嫌にしっぽを振っている。
あーーーーーっ!登っちゃったよぉぉぉばかぁぁぁーーーっ!
と、叫んでも仕方がないので、無言でわたしも登る。
振り返り見て、無理!この道、絶対無理!登れても犬には降りられない。
前方に目を移せば、もう山小屋らしきものが見えているのに、さらに道は険しくなる様子。

この緊張した場面のお写真なんかありませんよ。(こんな緊迫した場面のお写真なんかありませんよ。) 

全然だめ!きびすを返し「戻るよ!」と、ためしに犬に言ってみる。
『ひゅ~ん(おりられましぇ~ん)』と、鼻を鳴らし尻が引けている。
泣いて降りられないくらいなら、はじめから登るんじゃねぇーーーっ!
と、最愛の犬に投げつける言葉でもないので、
冷静に、モンベル製ドックキャリーハーネスを、ザックから取りだす。

こういう奴ですよ。犬は、ぱずーではありません(byモンベル)→
家の階段すら降りられない、わたしの犬。
夫不在時、これを使って階段下ろしていてよーございましたん♪だ。
家庭内でトレッキングのトレーニングをする。(←そーなのか?)
ドックキャリーハーネス

どーやって降りるんだぁ???(ルート確認中は、鼻の穴がフンガーになっちゃう犬) 

犬の山歩きにとって、危険なのは、登りではなく下りだ。
犬自身も怖いようだし、下手に頑張られて足を痛めては、元も子もない。
四つん這いになって、階段や坂の上から下を見下ろしてみれば、その怖さは一目瞭然だ。 

躊躇する場所に来ると、犬はわたしの後ろに廻って、わたしの降りる道筋を確認する。
わたしが振り返り、指先で、こう~こう~こう~かな…とルートを描くと、
それを目で追い、その通りに降りてくる。
何度も一緒に歩いて、おりこうになった。

すごい雲(雲に妖怪みたいな物が見えるのは、わたしだけか…?) 
小鳥の餌場 入るかな~水にぃ~。 滝すごーい! はい、一枚撮りますよ!

それでも、時々、待てを待てずに登ってしまう。
餌場に来ている鳥を追い払ってしまう。
凍えるような水に、入ってしまう。
犬なのだ・・・。

楽しちー♪(ajiko、疲れたの?大変ね♪←とノー天気に言っているとしか思えない) 

紺碧の空!
狼のだいぶ末裔な、わたしの犬。
犬が楽しければそれでいい・・・。




今年も、へっぽこブログに遊びに来て下さって、
ありがとうございましたー! ラブぅ~


タイムマシンにおねがい - Sadistic MikaelaBand

年末なので派手な花でも~♪

スポンサーサイト

△page top

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://puzooseta.blog64.fc2.com/tb.php/361-b1012a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。