いぬ+

*****
dog plus+ a-a' photbook a-a' azusa いぬ+ ajiko

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

11年前の逃避行(前編) 


鳥が悲しく飛んでいくような感じが撮りた~い♪


11年前のまだ春浅き日、
自分を見失ってしまった母の手を引いて、母の夫の元から逃げてきた。。。

(ダークだよ!しかも前・後編、長いよ。苦手な方は一週間後くらいにまた遊びに来てね♪)

だいぶ怖くなったかしらん♪
 
「お正月はこっちに来なくていいよ。」 久しぶりにかけた電話の向こうで母が言う。
お正月? もう3月になるというのに、お正月とは何のことだ。
一瞬の疑問は、続く普通の会話にかき消された。

受話器を置いて、10分も経っていないだろう。もう一度電話が鳴る。
「お正月には、こっちに来なくていいよ。」
今すぐに、行かなくてはいけないと思った。 

明るい子ちゃんは、暗いイメージに撮れないな~。

片付けが不得意だった母の家は、そんな軽い言葉で片付けられないほどに荒れていた。
そこらじゅうに散らばるメモ用紙、現在ではないカレンダー、
季節感の違う母の服、冷蔵庫の中の腐った食物。
それでも、それを異常とは言わない、母と母の夫。
 
黙って後をつければ、スーパーのレジ係に、レシートを渡したと何度も念を押される母。
レシートひとつがなぜ見つけられないのだと、娘の前で平然と母を怒鳴りつける義父。
涙ぐみながらヒステリックに母も対抗するが、結局はもう一度スーパーに行かされそうになる。
「ママ、レシート、ぽけっとに入れてたよ。。。」
冷たい視線を送るわたしを、憮然として見ようとしない義父。
こんなことが、毎日繰り返されているというのだろうか、狂っている。
 
萌えるような夕焼けが見たいぃ♪ 湖 ご機嫌な犬は何をしても暗いイメージにならない~♪ 囚われの身~みたいな写真が撮りたい~♪

母とはそりが合わず、再婚相手の義父のことも好きになれず、
その人のことが好きなのかというわたしの問いに、
「あの人のお父さん、お金持ちなのよ。」と答えた母が理解できず、
義父もわたしを遠ざけたがっていたことをいいことに、 
これを幸いと縁遠くしているうちに、母の時計は狂っていっていた。   

夕方になって暗く撮れちゃっただけ~♪

記憶の混乱している母に何を聞いても、
自分の都合のよいことしか話さない義父に何を聞いても、何もわかりはしないだろう。
何冊も出てくる母の手帳の、ぐちゃくちゃな記録を手掛かりに、
かたっばしから電話をかけるが、
「この頃おかしかった。」「お金を貸している。」以外の答えはかえってこなかった。

やっと見つけた内科の主治医に会った時、安堵のため息をもらしたのは、医師の方だった。
「お母さんとは、お付き合いが長いんですよ。お嬢さんがいらしたんですね。」
痴呆?新聞でしか知らない言葉だった。
「だって、先生(医師)と母と、年なんかそんなに…」と言いかけて言葉を飲み込んだ。
つい、さっきまでは、精神が犯されているのだと思っていた。
精神病と痴呆と、どちらがいいのだろう…そんなことを考えた。

さむざむしくて悲しい風景が撮りた~い♪

探りを入れているようなわたしの行動が気に入らなかったのだろう。
出入り禁止だと、義父に追い出される。
仕方なく東京に帰るが、2日もしないうちに、連絡先を置いてきた主治医から電話が入る。
自分でも理解できない不安と不調が、母を毎日のように内科医に行かせていた。
「お母さんを入院させてください。今日、うちの看護婦を大きな病院に付き添わせましたが…」
後は、聞かなくてもわかる。入院費を惜しんでいる男がいるのだ。
そんなにお金が必要なのかという通帳を、自慢げに見せてくれた男が…。

他に手段もなく、はじめて、義理の姉にあたる、その男の娘に連絡をとる。 
これまでのお互いの不義理を謝った後で、
快く様子を見てくると言ってくれた義姉が、九州についた途端に、
母が倒れそのまま救急車で入院となった。
もう一度、今度は呼びつけられたわたしを、先日のことは忘れたような応対で迎える義父。 

おどろおどろしい風景がとりたーい♪難しいぃ♪

わたしの鞄を受け取り、いまお茶を淹れるからと、
挨拶を交わすはじめて見た義姉は、わたしよりも一回り以上は年上に見え、
優しく親切そうな人で、その穏やかな微笑みは、
とても頼りになるようには見えなかった・・・。



ダークな記事を続けちゃうばかちん~♪
わたしがダークな記事を書くと、友人のダーリン達がおろおろすることを先日初めて知った。
「大変だよ!ajiちゃんがまた暗いこと書いているよ。
 早く見ないと、また消しちゃうよ(←余計なお世話だ)」…らしい。
基本ダークに慣れている友人達は、これ、まだまだ落ちてないしぃ、
この話、聞いたことあるしぃと思っている。こちらが正解だ(爆)
ajikoが暗い分、ボクが明るいからバランスOKよ♪

スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。